ひねもすのたり@避難所
民主党のおかげで政治に興味を持ってしまった庶民のブログです。無断転載・無断リンク大歓迎。

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[カテゴリ:拾い物コピペ]

2chでキムチの国の人が「日本軍は残虐だった」と根拠のない妄言を主張したら、みんなに突っ込まれていて面白かったので貼っておきますね。

271 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:11:56.28 ID:p6z6Knyn0
日本軍も第一次大戦までは規律の高さと人道的な捕虜の扱いを称賛されていた
それから僅か20年で敵味方ともに降伏を認めず、玉砕を強いる軍隊に変貌したのは
一体何故?

376 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:26:47.66 ID:lxD9L9QVO
>>271
簡単な話だ
勝ち戦と負け戦の違いだな

世界から孤立し、日本軍は規律も信念も無くして狂気の集団となった


410 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:30:08.94 ID:SDPmPI5X0
>>376
お手軽な感覚してるなあw

負け戦はいつの時代も凄惨なもんだよ
むしろ勝ってて余裕があるのに頭蓋骨とか土産に持ってかえった米軍は異常だった

442 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:34:21.31 ID:XdUve/Q30
>>410
日本は鬼畜米英! とやっていたが、欧米のそれもかなりえげつないからね。
日系人の収容にまで至ってるのでお察しだよ。
60年代辺りまで人種差別普通にしてた国だぜw

500 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:39:20.51 ID:dfHwlvXP0
>>376
戦った相手の遺体を損壊してお土産にするとか
米軍はやっぱり鬼畜でしたが?



334 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:19:54.04 ID:7eFvbmS10
このスレに書き込んでる連中は、生命のやり取りである戦争というものが、人をどれほど残虐にするか知らないんだな。

まず、軍隊の中の部下や後輩に対して残虐になる。
運動部のいじめなどと比較できるものではない。
理由なく、部下や後輩に暴力を振るう。

「畳と新兵は、叩けば叩くほど良くなる」

まして、それが敵国人に向かったときは、老若男女の区別なくその残虐性が発揮される。
それが日本の軍隊だ。

欧米も同じだが、捕虜に対する扱いだけは人道的な配慮が徹底していたようだ。


372 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:25:13.07 ID:QvUcVU1J0
>>334
戦闘が終了したら無益な殺戮をしないどころか、場合によっては溺れている敵兵を救出して祖国へ送還したり、
戦った相手の戦死した兵士を埋めて弔ったりなんてことは日本以外の軍隊ではしなかったからな。
そういった数多くの現実にも目を向けたほうがいいと思うよ。



383 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:27:22.80 ID:Z8wE2ANq0
>>334
>欧米も同じだが、捕虜に対する扱いだけは人道的な配慮が徹底していたようだ。


全くの嘘だな。

397 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:28:52.83 ID:PYC7iQ3c0
>>334
捕虜を連れて、温泉を堪能させ、海水浴に行くのが日本の軍隊

日露戦争で実際に有った話
http://livedoor.blogimg.jp/waruneko00326-002/imgs/9/5/9561eb93.jpg
ひねもすのたり

http://livedoor.blogimg.jp/waruneko00326-002/imgs/d/a/da2debea.jpg
ひねもすのたり


米国は、捕虜を取らずに皆殺しにした
捕まえても、飛行機から突き落とし捕虜になぞしなかった

だからこそ、勇猛果敢な日本軍も戦争に負けたのさ



473 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:37:11.28 ID:7eFvbmS10
>>372>>383>>397
勝ち進んでる時の日本軍の捕虜の扱いは、それでも国際慣例に従うだけの余裕があった。

しかし、多くの捕虜の扱いについては、国際慣例に反して酸鼻を極めたものになった。

これには非常に多くの証言があるし、東京裁判でも、大きなテーマになった。


505 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:39:40.73 ID:PYC7iQ3c0
>>473
木の根(実はゴボウ)を食べさせた話かww




683 :名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 21:59:36.35 ID:82C532hEO
通洲事件のシナ人の残虐さに比べたら…

725 :名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 22:04:19.72 ID:JHCelc460
>>683
日本軍もバータン死の行進やら
柳条湖事件やら結構無茶やってるからお互い様だよ。

戦争自体が残虐なんだからどっちもどっち。

872 :名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 22:22:11.32 ID:+RrQDvyg0
>>725
> 吉本隆明は、フィリピンにいた日本軍元兵士の証言として、次のように紹介している[6]。
>
> 「日本軍は捕虜たちを残酷に扱ったといわれているけど、自分たちにはそんな自覚はちっともなかった。
> だって、炎天下であろうがなかろうが、日本軍にとっては一日10キロも20キロも歩くには当たり前。いつ
> も通りのことをやったら、捕虜たちがバタバタ倒れてしまっただけだ」
> この証言について、吉本は「それだけ、軍隊における常識も、アメリカと日本では違っていたということ」
> と主張している[7]。
>
> 第2次バターン攻略戦に参加した日本兵士によると、次のような証言がある。[8]。
>
> 「(前略)夜が明けてみると、前方の山から白旗をかかげたアメリカ兵がゾロゾロと出てくるではないか。
> 第四分隊、こちらは総勢一三人、敵のアメリカ兵は何千、何百と雲霞のように山から下りてくる。まずこ
> の光景を見て我々は腰を抜かさんばかりに驚いた。武装解除されているので武器は所持していなかっ
> たが、キャラメルやタバコをくれたり、チョコレートをくれたり、我々のご機嫌をとってくる。   (中略)一人
> の日本兵が三〇〇人近いアメリカ兵を引率しているのである。後ろからブスッとやられたらそれきりであ
> る。気味の悪いこと、この上なしである。もしこれが日本兵とアメリカ兵と立場が逆になっていたら、一三
> 人くらいの敵ならアッというまに殺していたであろう。(後略)」

892 名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 22:24:57.90 ID:9Z4BJWD50
>>872
面白いね・・・
戦場のリアルな光景がほんの少し垣間見えた気がするw



835 :名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 22:16:12.87 ID:hr0rhiN30
まあ日本人だって色々いる。良い奴もいれば悪い奴もいる。
中には残酷な人だって含まれてる。

でも一番ハッキリした答えは、そもそもの前提が間違ってるという事。
戦時中は日本人が朝鮮人や中国人に残酷な事をしたというのが嘘。

そういう事をした人が一人もいなかったとは言わないが、少なくとも
日本人と言う単位で朝鮮人や中国人に酷い事をした事実はない。

849 :名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 22:18:36.46 ID:SDPmPI5X0
>>835
そもそも日本人ほど敵にやさしい民族はいないだろうね
元寇の敵軍とかも慰霊されてるしね

怨霊信仰とか文化的なものが大きいからかな


881 :名前:名無しさん@13周年 投稿日:2013/08/09(金) 22:23:18.16 ID:ko1OZEsD0
>>849
日本は敵国といえども民間に対する攻撃が禁止されていたからな
だから、東京のような焼夷弾爆撃や原爆被害などは聞かないと思う
オーストラリアに対しては、日本軍による絨毯爆撃があったと記録があるが



[引用元]
【長崎】オリバー・ストーン監督「私が出会う日本人はみんな優しいのに、なぜ戦時中は朝鮮人や中国人に残酷になれたのか」★3
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1376047783/
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ひねもすのたり@避難所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。