ひねもすのたり@避難所
民主党のおかげで政治に興味を持ってしまった庶民のブログです。無断転載・無断リンク大歓迎。

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[カテゴリ:感想・レビュー(ネタバレ注意)]



めっちゃ面白い(°∀°)b
上下2巻で、これ上巻なんですが、すぐに続きが読みたくてもう下巻を読み始めてます。
だって上巻は、盛り上がってきたとこで終わりやがるしww

この作者の作品を数冊読んだ感触ですが、いつもスロー・スタートっていうか、最初はイマイチな感じで始まる傾向にあります。
が、中盤からどんどん加速して面白くなっていきます。
前半の鬱屈が伏線で、後半でそれがどんどん払拭されていく感じです。

これは(「魔性の子」を換算しないと)十二国記シリーズ4冊目ですが。
初めて時間が進んだよー(^o^;)
巻を追うごとに、過去に遡っていくばかりだったのにww
この巻で初めて話が未来に進んだ(^o^;)

1作目の「月の影 影の海」を時系列の基準点とすると。
2作目の「風の海 迷宮の岸」は数年前に遡り。
3作目の「東の海神 西の滄海」は、なんと500年前に遡ってしまいましたが。
この4作目「風の万里 黎明の空」で、ようやく「月の影 影の海」より先の時間に進んだw

この巻での時間は、慶国に陽子が女王として即位して間もなくの頃なので、「月の影 影の海」のすぐ後の話ということになります。

さて、物語ですが。
慶国の景王・陽子、芳国の公主だった祥瓊(しょうけい)、海客の鈴(すず)。
この三人のエピソードが同時進行します。
こういうパターンで始まった話は、バラバラのエピソードがやがて合流していって、最後には同じ地点に着地するのが常ですが、これもその類の構成です。
まだ下巻を読み終わってませんが、アニメで見たから話は知ってるw
それでも止まらない面白さがあるね?後半からはw

三人とも凹んでるところからのスタートなので、最初は不平・不満・恨み言・自己憐憫のオンパレードです。
陽子は凹んでるとは言っても、以前よりマシになってるんで、自己憐憫は無いんですが。
右も左も解らない状態での王様稼業で、八方塞がりみたいな鬱屈したスタート。
でもまあ中盤で、武者修行的なこと(笑)をしようと思い立って、金波宮(慶国の王様のお城)を出て遠甫の家に世話になったあたりから、陽子のエピソードは面白くなります。
まさか、陽子の登場が楽しみになる日が来ようとはww
「月の影 影の海」では、途中で読むのを止めて友達に本を返しちゃうくらい、ウザくて我慢できなかった陽子なのにww

で、今回初登場の祥瓊と鈴が、かつての陽子くらいウザい。
ほんとウザいよ~。
この二人のエピソードは、なかなか読み進められなかった、うざくてw
自己中で不幸に浸ってて、自分の非は一切認めず、周りを恨んでばかり。
世間知らずなところもイラッとさせられる。
作中のみなさんが、この二人を嫌うのには同意ですわ。
さすがに車裂きにしたいとは思わんけど(;^ω^)
どつきたくはなるね?

でもまあ「月の影 影の海」ほどの苦痛ではないです。
三人が同時進行なので、短いエピソードで区切られて、ちょこちょこと進んでいくからいいのかも。
イラッとしても、すぐ次のエピソードに移るからね。

「月の影 影の海」は陽子視点で話が進んでいたので、ずーっとウジウジした陽子のターンで、読者は陽子のネガティブ思考から逃げられませんでしたが。
この「風の万里 黎明の空」では、メインの三人以外にも色々なキャラクターが登場して、チラチラとエピソードを披露するので、気分転換になるというか。

供麒が、珠晶に酷い扱いを受けてて笑ったw
足からわざと靴をすっとばして取りに行かせるとか、いきなり平手打ちとか、下僕呼びとかwww

後半にネズミ出た!
そうだ、楽俊って名前だったわ、思い出した。
なんかこのネズミが出てくると、何気に話が面白くなって、読書スピードが上がるんだよなぁ~。
ネズミが出てきたら、祥瓊のターンでも辛くなくなったよ(・ω・)/

アニメでは、最初に陽子の目の前で暗殺事件っぽいのがあって、官吏(?)が殺されて池に浮かんだりしてた(ウロ)けど。
こっちの原作にはそのシーンはなかったです。

前半ウジウジしてた祥瓊と鈴の二人ですが、この上巻の終盤でもう立ち直るというか、自分の非を認められるようになって、まともになります。
鈴は清秀という少年に出会い、祥瓊は楽俊に出会い、色々と耳に痛い指摘をされて、自分の非に気づきます。

王である陽子が知らないところで勝手に圧政が行われており、官吏の暴虐に苦しむ民が居ることが解り、騒乱を予感させつつ、そして鈴と陽子が出会ったところで上巻は終了でした。
いいところだよww
じゃ、続き読みます(`・ω・´)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
1. コレ
オモシロいですよね!こう厨二病っぽい少女たちの
成長が見事で!祥瓊の成長はかなり凄かったと思います。
もとがやはり頭良いんだろうと思いましたが、それより
何より楽俊と出会えるか否かで成長度が違う気が
するのですが!アニメの初勅の回は陽子かなり
カッコよかったと思います。あとエンディングの歌も
けっこう好きでしたw
十二国記も完結してないのではやく続きでてほしい、
そしてきちんと完結させてもらいたいな~と
思ってます。
2015/05/04 (月) 23:10:25 | URL | 律 #79D/WHSg[ 編集 ]
2. Re:コレ
>律さん
まだ完結してなかったのか!(^o^;)
そろそろ完結したかと思って読み始めたんだけれどもww
まだだったかwww
この際だから、既刊全部読むけど(^_^;)
アニメの初勅はかっこよかった!
つか楽俊はただ者じゃないと思うんだけど、王にはなれないらしいし、何かオチはあるんだろうか?
ま、こういう疑問は既刊ぜんぶ読んでからか。
2015/05/05 (火) 19:27:41 | URL | tilki #79D/WHSg[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ひねもすのたり@避難所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。