ひねもすのたり@避難所
民主党のおかげで政治に興味を持ってしまった庶民のブログです。無断転載・無断リンク大歓迎。

[カテゴリ:スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[カテゴリ:ブログネタ参加]

テレビドラマ化してほしいもの ブログネタ:テレビドラマ化してほしいもの 参加中

ドラマ化なら「TBSはこうして在日朝鮮人に乗っ取られた」を押します!

TBSじゃなくてフジテレビだけど、NZ地震で被災して足を切断した少年に、とくダネ!の大村正樹が無神経なインタビューをして、視聴者を大激怒させてネットで大騒ぎになっている今ですから。
マスゴミ腐敗の歴史ドラマはタイムリーだと思います!

もともとこういう陰謀モノって需要あるしね(°∀°)b
2chで好評だったレスが視聴率取れるってことは、電車男で実証済みですから、2ch発のこのネタなら視聴率バッチリ取れること間違いなし!!

和田アキ子さんには在日朝鮮人の役で出演して欲しいなー。
久本雅美さんは創価学会の役とか合ってると思う!
TBSの在日枠の社員さんたちも特別出演ヨロシコwww

58 名前:名無しさん@九周年 投稿日:2008/09/29(月) 16:24:28 ID:XtiKs9Yn0
>>47
TBSはこうして在日朝鮮人に乗っ取られた。 窓際社員の独り言です。
(1)1960年代
テレビ放送が始まってまもなくの頃、
放送中のちょっとした言葉づかいの問題(例えば「朝鮮民主主義人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、
朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。
総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に「お願い」をしてさらに弱みを握られ身動きがとれなくなっていく。

(2)1970年代
政府を叩きさえすれば世論が喝采する狂った時代。
在日社員の「反日番組」を「権力に対するペンの戦い」「調査報道」と勘違いした経営幹部が社内で在日を積極登用。
「日本人社員と在日社員に昇進の差別があってはならない」などと理想論を述べたのは良かったが、
しかし昇進差別をしなかったのは甘い日本人幹部だけで、課長、部長と昇進した在日社員は、
帰化した在日二世を理不尽なまでに優遇する逆差別人事を徹底。
異を唱えた日本人社員は徹底的にマークされ、営業や総務など番組制作の第一線から退けられる。

(3)1980年代-90年代
昇進した在日社員が主要な報道番組のプロデューサーや報道局長など、決定的なポストを占める。
某サヨク週刊誌の在日編集長をキャスターに迎えたニュース番組が、
学生時代に学生運動に没頭した団塊の世代の視聴者の支持により高い視聴率を得る。
1989年の参議院議員選挙では「土井社会党」「マドンナブーム」を援護。あからさまな社会党支持

65 名前:名無しさん@九周年[] 投稿日:2008/09/29(月) 16:29:19 ID:XtiKs9Yn0
>>47
続き
4)1990年代-2000年代
偏向報道、捏造報道、取材情報を特定の勢力に提供するなど、
報道機関として存在を否定されかねない不祥事が続発。
朝日新聞、系列のテレビ朝日が、どちらかといえば「北京の意」を汲んだ報道が多い。
バブル崩壊以降の景気低迷でただでさえ厳しい広告収入が、「サラ金」と「パチンコ」に大きく依存
まさに、在日朝鮮人の資金で在日朝鮮人が運営しているのがウチの放送局。
もっと露骨なカタチで在日のスターを「作り上げる」ような番組制作が為されると思う。

以上はテレビ局が占領されたいきさつである。今恐れるのは在日帰化議員と政府になり、日本が今、まさに在日に飲み込まれた、と言っても、だれも信じないところに、日本の亡国が、始まっている。

本当は通州事件とかドラマ化して欲しいけどね~。
中国が尖閣諸島に攻めて来てて、嫌中感情が高まってる今だから、これもタイムリーだし、テレビドラマでやったら話題沸騰でしょ!!
でもまあ、あまりに凄惨なんで、ドラマ化したら、子供のみならず大人までトラウマになること必須で、ノンフィクションと言えど通州事件をゴールデンタイムに放送するのは無理だろうなと、さすがに思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 ひねもすのたり@避難所 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。